FC2ブログ

牛猫の独り言 - 口蹄疫について書いたりしてます。

07« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07

15

01:45
Thu
2010

No.059

自衛隊の災害派遣:2010/7/11~7/20

自衛隊の災害派遣:2010/7/1~7/10

防衛省・自衛隊:お知らせのページからリンクを貼付けて行きます。
下記に派遣部隊、派遣規模を記しておきます。
詳しい内容はリンク先をご覧下さい。

※要請元:宮崎県知事
※要請日時:平成22年5月1日(土) 12時00分

平成22年7月11日
(1)現地派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)現地派遣規模 
人員  約280名(延べ約17,400名)うち約20名は待機
車両  約 50両(延べ約 3,860両)施設車両等含む

平成22年7月12日
(1)現地派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)現地派遣規模 
人員  約280名(延べ約17,650名)うち約230名は待機
車両  約 50両(延べ約 3,910両)施設車両等含む

平成22年7月13日
(1)現地派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)現地派遣規模 
人員  約280名(延べ約17,890名)うち約100名は待機
車両  約 50両(延べ約 3,960両)施設車両等含む

平成22年7月14日
(1)現地派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)現地派遣規模 
人員  約280名(延べ約18,160名)うち約90名は待機
車両  約 50両(延べ約 4,010両)施設車両等含む

平成22年7月15日
(1)現地派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)現地派遣規模 
人員  約280名(延べ約18,420名)うち約190名は待機
車両  約 50両(延べ約 4,050両)施設車両等含む

※本日農場等における作業が終了したことに伴い、現地に派遣されている隊員約280名(陸自:250名、空自:30名)は、明日、都城駐屯地及び新田原基地へ帰隊予定。
今後は、都城駐屯地において隊員60名が即応態勢を維持する。


平成22年7月28日(最終報)
(1)現地派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)現地派遣規模 
人員  延べ約18,720名
車両  延べ約 4,140両(施設車両等含む)

【7月27日】
 00時00分 宮崎県知事より撤収要請。
(宮崎市周辺地域の家畜の移動制限が解除されたため)


自衛隊の方々、お疲れさまでした。
スポンサーサイト
07

02

11:31
Fri
2010

No.057

自衛隊の災害派遣:2010/7/1~7/10

自衛隊の災害派遣:2010/6/21~6/30

防衛省・自衛隊:お知らせのページからリンクを貼付けて行きます。
下記に派遣部隊、派遣規模を記しておきます。
詳しい内容はリンク先をご覧下さい。

※要請元:宮崎県知事
※要請日時:平成22年5月1日(土) 12時00分

平成22年7月1日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約15,020名)うち約40名は待機。
車両  約 60両(延べ約 3,400両)施設車両等含む

平成22年7月2日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約15,210名)うち約70名は待機。
車両  約 60両(延べ約 3,430両)施設車両等含む

平成22年7月3日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約15,420名)うち約70名は待機
車両  約 60両(延べ約 3,480両)施設車両等含む

平成22年7月4日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約15,630名)うち約100名は待機
車両  約 60両(延べ約 3,520両)施設車両等含む

平成22年7月5日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約15,800名)うち約100名は待機
車両  約 60両(延べ約 3,560両)施設車両等含む

平成22年7月6日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約16,130名)うち約100名は待機
車両  約 60両(延べ約 3,600両)施設車両等含む

平成22年7月7日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約16,390名)うち約100名は待機
車両  約 50両(延べ約 3,650両)施設車両等含む

平成22年7月8日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約16,640名)うち約100名は待機
車両  約 50両(延べ約 3,710両)施設車両等含む

平成22年7月9日
(1)現地派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)現地派遣規模 
人員  約280名(延べ約16,890名)うち約30名は待機
車両  約 50両(延べ約 3,750両)施設車両等含む

平成22年7月10日
(1)現地派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)現地派遣規模 
人員  約280名(延べ約17,137名)うち約30名は待機
車両  約 50両(延べ約 3,810両)施設車両等含む


自衛隊の災害派遣:2010/7/11~7/20に続く

06

22

11:13
Tue
2010

No.053

自衛隊の災害派遣:2010/6/21~6/30

自衛隊の災害派遣:2010/6/11~6/20

防衛省・自衛隊:お知らせのページからリンクを貼付けて行きます。
下記に派遣部隊、派遣規模を記しておきます。
詳しい内容はリンク先をご覧下さい。

※要請元:宮崎県知事
※要請日時:平成22年5月1日(土) 12時00分

平成22年6月21日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約340名(延べ約12,070名)
車両  約 70両(延べ約 2,800両)施設車両等含む

平成22年6月22日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約340名(延べ約12,400名)
車両  約 70両(延べ約 2,870両)施設車両等含む

平成22年6月23日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約340名(延べ約12,730名)
車両  約 70両(延べ約 2,930両)施設車両等含む

平成22年6月24日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約340名(延べ約13,070名)
車両  約 70両(延べ約 2,990両)施設車両等含む

平成22年6月25日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約340名(延べ約13,390名)
車両  約 70両(延べ約 3,050両)施設車両等含む

平成22年6月26日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約340名(延べ約13,720名)
車両  約 70両(延べ約 3,120両)施設車両等含む

平成22年6月27日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約13,980名)
車両  約 60両(延べ約 3,180両)施設車両等含む

平成22年6月28日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約14,260名)
車両  約 60両(延べ約 3,230両)施設車両等含む

平成22年6月29日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約14,530名)
車両  約 60両(延べ約 3,290両)施設車両等含む

平成22年6月30日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約14,790名)
車両  約 60両(延べ約 3,340両)施設車両等含む


自衛隊の災害派遣:2010/7/1~7/10へ続く

06

15

01:36
Tue
2010

No.051

自衛隊の災害派遣:2010/6/11~6/20

自衛隊の災害派遣:2010/6/1~6/10

防衛省・自衛隊:お知らせのページからリンクを貼付けて行きます。
下記に派遣部隊、派遣規模を記しておきます。
詳しい内容はリンク先をご覧下さい。

※要請元:宮崎県知事
※要請日時:平成22年5月1日(土) 12時00分

平成22年6月11日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約290名(延べ約8,940名)
車両  約 70両(延べ約2,100両)施設車両等含む

平成22年6月12日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約260名(延べ約9,190名)
車両  約 50両(延べ約2,170両)施設車両等含む
※車両消毒ポイント2ヶ所を民間業者に引き継いだため、人員約20名は一時帰隊し待機中

平成22年6月13日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約250名(延べ約9,430名)
車両  約 50両(延べ約2,230両)施設車両等含む
※車両消毒ポイント2箇所を民間業者に引き継いだため、人員約30名は一時帰隊し待機中

平成22年6月14日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約250名(延べ約9,670名)
車両  約 50両(延べ約2,290両)施設車両等含む
※車両消毒ポイント3箇所を民間業者に引き継いだため、人員約30名は一時帰隊し埋却支援のための派遣準備中


平成22年6月15日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約340名(延べ約10,020名)
車両  約 70両(延べ約 2,370両)施設車両等含む

平成22年6月16日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約340名(延べ約10,350名)
車両  約 70両(延べ約 2,440両)施設車両等含む

平成22年6月17日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約370名(延べ約10,740名)
車両  約 70両(延べ約 2,520両)施設車両等含む

平成22年6月18日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約340名(延べ約11,080名)
車両  約 70両(延べ約 2,590両)施設車両等含む

平成22年6月19日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約340名(延べ約11,420名)
車両  約 70両(延べ約 2,660両)施設車両等含む

平成22年6月20日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約340名(延べ約11,760名)
車両  約 70両(延べ約 2,730両)施設車両等含む

自衛隊の災害派遣:2010/6/21~6/30へ続く

06

01

22:45
Tue
2010

No.048

自衛隊の災害派遣:2010/6/1~6/10

自衛隊の災害派遣:2010/5/21~5/31

防衛省・自衛隊:お知らせのページからリンクを貼付けて行きます。
下記に派遣部隊、派遣規模を記しておきます。
詳しい内容はリンク先をご覧下さい。

※要請元:宮崎県知事
※要請日時:平成22年5月1日(土) 12時00分

平成22年6月1日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約5,960名)
車両  約 50両(延べ約1,470両)施設車両等含む

平成22年6月2日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約6,240名)
車両  約 50両(延べ約1,530両)施設車両等含む

平成22年6月3日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約6,520名)
車両  約 50両(延べ約1,590両)施設車両等含む

平成22年6月4日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約6,870名)
車両  約 50両(延べ約1,670両)施設車両等含む

平成22年6月5日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約7,080名)
車両  約 50両(延べ約1,780両)施設車両等含む

平成22年6月6日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約7,420名)
車両  約 50両(延べ約1,790両)施設車両等含む

平成22年6月7日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約7,760名)
車両  約 50両(延べ約1,840両)施設車両等含む

平成22年6月8日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約8,040名)
車両  約 50両(延べ約1,900両)施設車両等含む

平成22年6月9日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約280名(延べ約8,330名)
車両  約 50両(延べ約1,970両)施設車両等含む

平成22年6月10日
(1)派遣部隊
陸自 : 第43普通科連隊(都城)、第376施設中隊(都城)、第8師団司令部(北熊本)、第8施設大隊(川内)
空自 : 第5航空団(新田原)
(2)派遣規模 
人員  約310名(延べ約8,640名)
     ※うち約30名は都城の埋却支援のため増派
車両  約 50両(延べ約1,970両)施設車両等含む
     ※うち約10両は都城の埋却支援のため増加

自衛隊の災害派遣:2010/6/11~6/20へ続く


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。